インスピレーション

婚約指輪にパワーストーンを活用

結婚における「サムシングフォー(Somethig four)」という言葉を聞いたことはないでしょうか?
何か古いもの・何か新しいもの・何か借りたもの・何か青いもの。
これがサムシングフォーで、花嫁の幸せを願うヨーロッパのおまじないが起源とされており、この4つを身に着けることで幸せになれると言われています。

つまりこの「サムシングフォー」にパワーストーンを活用することで、幸せな結婚に導くことができるのです。
青はマリッジブルーにつながるからあまり縁起のいい色ではないのでは?と思うかもしれませんが、結婚に最適な青いパワーストーンがあります。
それがアクアマリン。
海を思わせる青い色のアクアマリンは幸せな結婚の象徴と言われ、子宝成就にも深い関わりがあります。

婚約指輪や結婚指輪にはダイヤモンドが一般的ですが、誕生石を使うというのも少なくありません。
この他に最適なものとしては、人生の羅針盤的な役割をしてくれるアイオライト、夫婦和合の意味を持つペリドットやサードオニキス、変わらぬ愛と絆をもたらすガーネットなどがあります。
もちろん誕生石や夫婦で気に入ったものを持つといった考えでパワーストーンを用いるといった感じでも構いません。



このページの先頭へ