インスピレーション

浄化の石の願いへの影響に関して

パワーストーンを身に着ける時に必ず行うのが浄化ですが、この浄化と言う作業はパワーストーンにかけた願いが弱まったり消えてしまったりといった影響があるのでしょうか?
パワーストーンは身に着けたりお守りとして持ち歩くことで徐々にエネルギーが弱まっていきます。
この弱ったエネルギーを回復させる方法が浄化なのですが、浄化を怠って放置すると悪いエネルギーが蓄積していきます。
パワーストーンの間違った使い方をしないように気を付けましょう。

浄化の方法はクリスタルクラスター・太陽光・流水などさまざまですが、大事なのは「石にかけた願いは消えることがない」ということ。
浄化と言うのは悪いエネルギーを除去して消耗したエネルギーをチャージするということなので、石にかけた願いは消えることはないのです。
願いが叶った時はどうすればいいのか。

そんな時は気持ちを新たにするためのリセット作業が必要です。
リセットする方法の1つがブレスレットの組み換え
ショップにブレスレットを持って行けば組み換えをしてくれますので、新しい石と共に新しい願いをかけましょう。
この時に役目を終えた石に感謝することを忘れてはいけません。

もう1つの方法が塩による浄化。
浄化方法の1つではありますが、塩での浄化はエネルギーチャージよりもエネルギーを0にすると言った意味合いがあります。
持っていて何となく違和感があったり、いい印象がないと感じたら、盛り塩の上に置いてみましょう。
特に悪いエネルギーを受けた時にも有効です。

石によっては塩に弱いものがありますので、あらかじめその石が塩でも大丈夫か確認してからにしましょう。
心配であれば柔らかい布に包んで盛り塩の上に置いても構いませんが、塩は必ず天然のものを使ってください。
また、誕生石のパワーストーンも調べてみましょう。


このページの先頭へ