インスピレーション

パワーストーンを持ち物に身につける

パワーストーンを身に着ける時に、どのような形であなたは身に着けますでしょうか?
ピアス・ペンダント・ストラップ・指輪・ネックレス・アンクレット・バッグチャーム・根付など、身に着けるといってもその形状は様々ですが、最も多いものはやはりブレスレットでしょう。
パワーストーンは肌に触れることが最も効果的なのですが、視覚からエネルギーを受け止めるというのも実は重要なこと。

ブレスレットはもちろん、ストラップやバッグチャームといった形であっても石のエネルギーは受けることができます。
特に男性は「ブレスレットを持つのはちょっと…」と抵抗がある方がいらっしゃいますが、ストラップやキーホルダーといった形なら抵抗なくパワーストーンのエネルギーを受けることができるのです。
仕事の関係で身に着けることができない方は、お守り袋に入れてポケットに入れるといった方法でも構いません。

基本的にはどんな形で身に着けても構いませんが、中には注意しなければならないものもあります(この場合はエネルギー的なものではなく、あくまでも体質や機材との関係になりますが)。
その代表がヘマタイト。
金属質な性質を持つため、金属アレルギーの方は注意してください。
またヘマタイトの中には磁気を帯びているものがありますので、ストラップに使用すると携帯電話やスマートフォンに影響する恐れがありますので、気をつけてください。


このページの先頭へ